テーマ:地震保険

地震保険は必要か

地震保険は加入していますか? 地震保険は保険料が高いと感じますが、本当に必要なものなら加入しなければならないし、迷うところです。 実際に加入率はどのくらいなのでしょう。 全国でみると、地震保険の加入率は20数パーセントだそうです。 そしてその加入率も都道府県によって随分差があるようです。 地震の多い地域の愛知県では加入率もとっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地震保険とは

地震保険は、火災保険では補償されない、地震・噴火・津波など、地震が原因で家屋や家財に損害を生じた場合に保険金が支払われる、地震専用の保険のこと。 地震保険は国と民間の損害保険会社の共同運営によって成り立っている。 地震保険の保険料は建物の構造ごと、地域ごとによって料率が決められていますが、地震保険の補償額は火災保険の半分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全損とは

●建物 ・ 主要構造部の損害額が建物の時価の50%以上 または ・ 焼失、流失した床面積が建物の延床面積の70%以上 ●家財 ・ 家財の損害額が時価の80%以上 となっています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

半損とは

●建物 ・ 主要構造部の損害額が建物の時価の20%以上50%未満 または ・ 焼失、流失した床面積が建物の延床面積の20%以上70%未満 ●家財 ・ 家財の損害額が時価の30%以上80%未満   となっています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一部損とは

●建物 ・ 主要構造部の損害額が建物の時価の3%以上20%未満 または ・ 床上浸水 (地震等を原因とする水災で、床上浸水または地盤面から45cmを超える浸水を受けた場合で、その損害が全損、半損、一部損に至らないときは一部損とみなします) ●家財 ・ 家財の損害額が時価の10%以上30%未満 となってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地震保険の補償は?

法律によって、地震保険で契約できる保険金額は、主契約で加入している火災保険の保険金額の、30%~50%までと決まっている。 この範囲内で、加入者が自由に設定できる。 その他に、建物の損害については5,000万円の上限があり、家財の損害については1,000万円の上限が設けられている。 高額な火災保険に加入していても、建物で5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地震保険の保険料は

地震保険の保険料率は、損害保険料率算出機構の届出に基づき金融庁が基準を設定し、保険会社各社がその基準に基づき別に保険料を設定する仕組みとなっています。 地震保険創設時には地震の発生状況や頻度、活断層など当時のデータで算出した地震の発生確率によって47都道府県を4つの段階に区分し、保険料率の基準を定めていました。 しかし、その後の地震…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more