欠陥住宅の保険制度

欠陥住宅の保険制度が2009年に始まりマシア。
瑕疵担保責任は住宅の品質確保の促進等に関する法律なのですが、すべての新築住宅に対して10年の瑕疵担保機関が義務化されています。
売主に半永久的に瑕疵責任を負わせることは難しいので期間設定してあるのですが、欠陥住宅の場合売主が倒産し、修復が事実上困難となった場合泣き寝入りになってしまいます。

こうした欠陥住宅の問題に対して新しく被害を補償するためにこのように新しい保険制度を発足させたのです。

引き渡しから10年以内に欠陥が見つかった場合購入者は販売業者に補償を要求することになります。
販売業者は倒産してしまったん場合には保険法人に直接請求することで補修費が出ます。


オススメサイト★ガイガーカウンターを使おう

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0