過失と重過失

失火法は軽度な過失の場合に適用されますが、故意や重過失による失火には、民法709条の「不法行為責任」が適用され失火者が賠償責任を負うことになります。

故意とはわざとやった場合、重過失とは、常識的な注意ではなく、少し注意すれば事故が起きなかったのに漫然と事態を見過ごしてしまった場合のこと。
過去の判例では、以下のような例が重過失と判断されています。

 ・ 暖をとるために電気コンロをつけたまま眠り、
  寝具が触れて火災となった

 ・ 揚げ物のナベを火にかけたまま台所を
  離れた間に油に引火して火事が発生

 ・ 寝タバコが原因で火災となった

軽度な過失であっても、それが2度目となると重過失という判例もあります。