火災保険の契約は?

火災保険の契約の流れは
1.物件の確認
保険の目的物(保険で守るもの)について、物件種別、用途、評価額等を確認します。

2.商品選択
各保険商品の内容を比較検討し、契約する保険を選びます。
保険金の出るケース・出ないケースを確認しておきます。
地震・噴火・津波をカバーするためにはそのための特約が必要となる。

3.保険料算出
保険金額、保険期間を決定し、保険料を算出してもらう。

4.契約
契約書を取り交わす。
火災保険は、同一の物件に2つ以上かけることができる。

但し、保険金は建物の時価が限度ですので、既契約と新契約の保険金額(契約金額)の合計が時価を超えないように設定しなくてはいけません。