火災保険とは

火災によって生じる損害の填補(てんぽ)を目的とする保険、つまり「火事になったときのための保険」のこと。

火災以外にも、契約によって、地震や落雷、台風、雪、車両の衝突等の損害や、盗難に対する保険が付属するものもある。
そのため、火災保険は「火災に限定した保険」と言うよりは「家にかける保険全般」としての役割を持っている。
家にかける生命保険のようなもの。

台風被害への補償、地震被害への補償、水害への補償など、必要に応じて保険内容を取捨選択して組み立てるのが最近の火災保険になります。

ただ単に「入っていれば安心」ではなく、「どんな保険に入っているのか、補償内容はどこまでか」というところを考える時代です。

火災保険と一口に言っても、その契約によってカバーしている範囲・内容は大きく異なります。

火災保険は「地震を原因とする火災による損害」や「地震により延焼・拡大した損害」については補償されません。
地震被害の補償のためには地震保険を付帯しましょう。